わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

小籠包食べ比べ・有名店よりお得で美味しい

鼎泰豊だけが小籠包じゃない!まだまだある隠れた名店。

おはようございます。旅しんと申します。

 

今日は小籠包の気分です!

小籠包を食べまくりたいと思います。

 

小籠包と言えば鼎泰豊と即答していませんか?

皆さんご存知、捻くれ者の旅しんは(知らんがな)

有名店には行きません。

と言いつつ、ちゃんと鼎泰豊でも食べてます。

 

↓↓鼎泰豊のお話しはこちら

阜杭豆漿と鼎泰豐 - 台湾ひとり旅

 

今日行った小籠包は、鼎泰豊を横目に2〜3分歩くと見えてくる

「好公道金鶏園」です。

 

さっそく入ってみましょう。

 

と言いつつ店の外観など、写真を撮り忘れてるとか…どんだけ食欲が優先なんだよ!

 

こちらは、1階がテイクアウトのようで

「内用:ネイヨン」食べる方は2階に通されます。

1階では5〜6人でひたすら小籠包や包み物を作っていました。

 

店内は明るい雰囲気で、ひとり旅でも気楽に入れます。

店員さんも明るく笑顔です。

入りやすい雰囲気て大事ですよね。

 

f:id:tabisin:20191120233018j:image

注文表を渡されます。

日本語表記のメニューもあるので大丈夫。

値段はリーズナブルです。

8個入りで140元(504円くらい)

高価そうなカニ味噌小籠包も200元(720円くらい)です。

*ひとり旅のデメリットはあれこれ食べれないところ。多人数だったらシェア出来たのに…

 

有名店より安いですね。

もちろん、サービス料も取られません。


f:id:tabisin:20191120233002j:image

テーブルの上は清潔です。

細切りの生姜と入れ物が来ました。

タレの入れ物が紙です。


f:id:tabisin:20191120233000j:image

醤油や酢をお好みで入れて待ちます。

 

先に空芯菜が運ばれてきました。

旅行中はついつい野菜不足になる旅しん。

空芯菜があれば注文します。

 

f:id:tabisin:20191121002522j:image

クセのない野菜で食べやすいです。

いつも、茹でたのか炒めたのか分からない感じです。

店によってニンニクの強度が違います。

こはちょっとキツめ。

でも体力回復に良きとしましょう。

 

来ました!

念願の小籠包!

 

↓↓小籠包への辛い道のりはこちら

台湾で悲しみから救われる - 台湾ひとり旅


f:id:tabisin:20191120233013j:image

これはやはり、自家製ですね。

1階で皆さんが包んでました。

 

では、いただきます。

f:id:tabisin:20191120233009j:image

レンゲはプラスチック製です。

この、湯呑みの様な器。

結局何に使うのか分からずキョロキョロしましたが、受け皿にしてみた。

違ったらごめんなさい。


f:id:tabisin:20191120233006j:image

これは美味しい!

アツアツで、肉汁もたくさん入ってます。

皮も薄くて味もしっかりしています。

8個くらいあっという間に食べれてしまいます、これならカニ味噌も頼めば良かったかな。

 

お茶もいただけます。

セルフサービスだけど、好きなだけ飲めます。

変わった味もしない烏龍茶的なお茶でした。

飲みやすいです。


f:id:tabisin:20191120233022j:image

ブタさんの紙カップ

 

大変美味しくいただけました。

大満足ですよ!なんでみんな来ないのかな?

 

唯一有名店との違いは

タレ皿とコップが紙という事だけですね。

ブタさん紙カップ、可愛いのにな。

 

皆さんも小籠包を食べ比べてはいかがですか?

 

では、また。

↓↓いつも街歩きに使ってるリュックはこちら

旅行に最適なエコバックを紹介 - 台湾ひとり旅