わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

永和豆漿なら早朝から小籠包が食べられる

小籠包好き必見!早朝から小籠包食べちゃおう!

おはようございます。旅しんと申します。

 

昨日に引き続き、小籠包愛が止まりません。

起きた瞬間から小籠包です。

 

↓↓小籠包・隠れた名店はこちら

小籠包食べ比べ・有名店よりお得で美味しい - 台湾ひとり旅

 

台湾では早朝から朝ご飯のお店が開いてます。

また小籠包食べたいな…

さっそく調べてみると、ありました!

「永和豆漿」の小籠包を紹介します。

泊まっているホテルから歩いて行けそうです。

 

調べによると、午前5時30分ごろから開店してるようです。

豆漿のお店ですから

台湾の定番朝食が食べれるお店だけに、わりと朝から混んでいるとの情報。

 

ならば寝起きすぐに行かねば!

時刻は午前6時

うっすら満月が見えてます。

早朝はまだ車も少ないですね。

 

f:id:tabisin:20191121215354j:image

ありました。

店頭で注文してお金を払うスタイルです。

店員さんが若いせいか、英語でやりとりでした。

ショーロンポウ、オンリー?

ファイブミニッツ。

5分お待ちを…という事でしょう。

小籠包だからね、蒸さないとね。ワクワク…


f:id:tabisin:20191121215416j:image

混んでるとの情報だったが

店内客は1人のみ。テイクアウトの人が2〜3人でした。

 

なんか良いですよね。

朝起きて、ノーメイクで、ちょい寝癖ついてて

普段着で店内で朝ご飯を食べる…

誰も変な目で見ないし、むしろ自然。

台湾のローカルを堪能しております。


f:id:tabisin:20191121215402j:image

しばし待ちます。

なんかね、外国人はアルファベットの札らしい。

なんでか忘れたけど。


f:id:tabisin:20191121215410j:image

来ましたー!

うん。

これは…

機械で作られた小籠包だね。

タレだけは店員さんが持ってきます。

ここのタレは少しトロッとしていて、甘味があります。

 

生姜、小皿、箸、レンゲはセルフサービス。
f:id:tabisin:20191121215350j:image

とりあえず食べてみましょう。

うんうん。

そこそこ肉汁も入ってます。

 

タレが甘いのが気になったのですが、肉汁と合わさると良い感じにまろやかになります。

 

蒸したてなのでアツアツです。

味は悪くないです。

とても美味しい小籠包ですよ。

手作りより皮が厚めなので、やはり手作りの方が美味しいですが

台湾のローカルなスタイルに酔いしれているので、プラスαで満点です!

 

今日もいろいろ食べたいので、8個の小籠包をペロリと食べて店を後に…

 

数メートル歩くと…

あれ?ここも永和豆漿??


f:id:tabisin:20191121215400j:image

永和豆漿はチェーン店のようですから、たくさんあっても不思議ではない。

 

こはちょっとポップな感じですね。

若い人向けのファーストフード店的な店構えです。

マンゴーかき氷の店舗と一緒になってて

本当に小籠包なんてあるの?


f:id:tabisin:20191121215422j:image

でも、小籠包が書いてあります。

食べておきましょう!

 

台湾の調味料コーナー

どこも良く整理整頓されていると思います。f:id:tabisin:20191121215356j:image

紙皿にタレと生姜を盛り付けて待ちます。

 

出来上がると呼ばれました。

?!!
f:id:tabisin:20191121215413j:image

紙皿やないかーい!

うーん…冷食かな??

レンチンを思わせるこのビジュアル。

 

クオリティが下がってるじゃないか!

やっぱり小籠包はせいろで蒸されたのが良いな。

なんか、締めの小籠包がこれになってしまったのが残念。


f:id:tabisin:20191121215407j:image

普通に美味しいけどさ。

 

皆さん「永和豆漿」は各地にありますが、ローカルっぽい方がオススメです。

 

*結論

小籠包は手作りにかぎる!

最低限、これを求めようと心に誓う旅しんでした。

 

では、また。

↓↓台湾の有名店の朝食と小籠包はこちら

阜杭豆漿と鼎泰豐 - 台湾ひとり旅