わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

台湾 信陽街永和豆漿

台湾の朝食はこれで決まり

おはようございます。旅しんと申します。

 

台湾での朝食は、いつも外で食べる派です。

せっかくこんなに食であふれた国ですからね

ホテルの朝食で済ませてしまうのは、もったいない感じです。

 

朝から外出なんて面倒くさい?

 

そんなことありません。

ちょっとだけ早起きして

服装は寝起きのままだって、サラッと出かけてしまいましょう!

 

場所はこちら

信陽街永和豆漿

 

 

旅しん、ちょっと寝癖のままです。

 

時刻は午前6時

だいぶ日の出が遅くなってきましたね。

まだ暗いです。

 

f:id:tabisin:20191222005112j:image

こちら信陽街永和豆漿は、午前5時30分から営業されてるようです。

 

とても人気のあるお店らしく

朝は行列ができるほど。

ですが実際、行列ができる時間帯は通勤時間帯のようです。

午前8時頃、店の前を通ったら行列でした。

 

なので、早朝は穴場的時間帯


f:id:tabisin:20191222005103j:image

内用(ネイヨン)と言って、店内でいただきましょう。


f:id:tabisin:20191222005259p:image

店員さんは中国語で話してきます。

「じゃぱん」

と伝えれば、カタコト日本語でも案内してくれます。

「ナニタベル?トウニュウ?アマイ?ショッパイ?ダンピン?ショウロンポウ?ヤキモチ?」

仕事をしながら、代表的なメニューを言ってくれます。

 

個人的な感想ですが

こちらの店員さんはいつも親切です。

台湾と言えば阜杭豆漿(フーハンドウジャン)

も有名ですが、そちらはわりと殺伐としている感じです。

 

f:id:tabisin:20191222005119j:image

そうだな…

なんにも考えないで寝起きで来てしまった。

 

ヤキモチてなんだっけ??

じゃあ…

 

そんな感じで

鹹豆漿とヤキモチを注文。

 

注文と同時にトレイに出来上がってます。

その場でお金を払って、座りましょう。


f:id:tabisin:20191222005122j:image

まだ誰もいない店内がとても好きです。

 

寝起きのジャージでも

ちょっと寝癖ありでも誰も笑ったりしません。

そんな台湾の空気感が落ち着きます。

 

そして静かな朝食

贅沢な至福の時間


f:id:tabisin:20191222005125j:image

こちらが焼餅と鹹豆漿

 

さて、いただきましょう。

パクリ。

 

f:id:tabisin:20191222005109j:image

ああ…

これですよ、この柔らか〜い豆腐のような、しょっぱい豆乳のような。

優しい味です。

朝の胃腸にとても良いですね。

温かいし、ほっこり癒されます。

 

お次は焼餅

f:id:tabisin:20191222005116j:image

なんか、ガイドブックで見たことがあります。

 

開けてみましょう。

パンの中に卵が挟まっている。

シンプルな食べ物のようですが…

 

f:id:tabisin:20191222005106j:image

おお、これは…

パンの外側はサクっとしていて

パイまではいかないが、パンとパイの中間的な食感ですね。

とは言え、バター的な味わいがないので重たくありません。

 

食べ初めは、シンプルな味わいだと感じましたが

食べ進めていくと不思議と後引く美味しさです。

ちょっと豆漿に付けて食べてみたり

この辺は自由にいただいても楽しめますね。

 

朝食は小籠包の気分ならこちらも↓↓

永和豆漿なら早朝から小籠包が食べられる - 台湾ひとり旅

 

のんびり朝食をいただき

優雅な朝を堪能させていただきました。

謝謝!

 

皆さんも、旅先では少し早起きして

優雅な時間を過ごしてはいかがでしょうか。

では、また。