わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

圧縮バッグのトラベルポーチがアウトドアにも便利だった!

旅行便利グッズの圧縮バッグはアウトドアでも活躍。

 

おはようございます。旅しんと申します。

 

以前、台湾旅行をしている際に紹介していた圧縮バッグのトラベルポーチ。

 

最近は旅行にも行けず、ずっとタンスの肥やしに変わりつつありました。

 

実は、キャンプや登山でも使えます。

 

キャンプや登山では、どうしても汗をかきますよね。

キャンプでは焚き火の匂いが結構付くので、帰りには温泉に入りたくなります。

 

荷物をコンパクトにしたい私は、圧縮バッグトラベルポーチを使用しています。

 

圧縮バッグといえば百均?

 

旅行ではなるべく荷物も減らしたいので、衣類のコンパクト化は必須です。

 

皆さんおなじみの100円ショップに必ずと言っていいほど売られている圧縮パック。

 

f:id:tabisin:20191208002727j:image

 

その仕様には少々違いがありますが、使い方は同じ。

衣類を入れて、しっかりとジッパーをして空気を抜くだけ。

 

でもね。

百均の商品はジッパーが閉じづらかったり。

閉じても空気が入ってきたり。

 

しまいには旅先で壊れるという。

f:id:tabisin:20191208003058j:image

 

ビニール素材なので、繰り返し使っていると破けたりしますよね。

 

圧縮バッグのトラベルポーチとは?

 

そこで気になったのがこちら↓↓

 

 

  • 衣類、タオルなどを圧縮バックに入れると、衣類スペースを約50%省くことができます。

 

  • 内側は防水素材にて作られたため、少し濡れた衣類も収納できます。

 

  • 圧縮バッグの素材は、高品質のナイロンに防水加工されており、中で乾湿分離もできます。

 

使用感

 

実際に衣類を入れてみましょう。

 

f:id:tabisin:20191208010632j:image

 

開くと中はこのようになっており、2部屋ある構造です。


f:id:tabisin:20191208010642j:image

 

では、衣類を入れてみましょう。

多少お見苦しいかもしれませんが、ご了承下さい。

 

ジャージズボン1枚

Tシャツ1枚

薄手のパーカー1枚

タオル1枚

ハンカチ1枚

靴下1足

下着1日分

こちらを入れてみましょう。


f:id:tabisin:20191208010639j:image

 

均等に並べて入れます。

 

ファスナーを閉めてみます。


f:id:tabisin:20191208010636j:image

 

そして、真ん中のファスナーを閉めてみます。


f:id:tabisin:20191208010646j:image

 

ぐるりと1周、真ん中のファスナーを閉めると。

 

圧縮完了!

f:id:tabisin:20191208010626j:image

 

 ちなみに100円圧縮パックはこんな感じに入ります。

 

f:id:tabisin:20191208010653j:image

 

厚みはほぼ変わりません。

 

百均との比較

 

キャンプや登山で荷物を外に出す際に、ビニールの圧縮バッグだと。

 

中が丸見え!

 

なんか、ちょっとガッカリですよね。

 

トラベルポーチなら中身が見えないから、気兼ねなく取り出せます。

 

f:id:tabisin:20191208010629j:image

 

まとめ

 

キャンプ場や登山など、自然豊かな地域での温泉は最高!

 

見た目よくコンパクトに着替えを持ち運べるので、私は愛用しております。

 

それでは。