わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

旅行に最適!圧縮バックトラベルポーチの使用感を紹介します!

もはやパキングには必需品!便利な圧縮パック

おはようございます。旅しんと申します。

 

旅行に行く際、荷物は出来るだけ小さくしたいものです。

荷物が小さいと、フットワークが軽くなります!行動範囲も広がるし、何しろ疲労感が違います。

 

今日はその中でも、圧縮バックトラベルポーチを実際に使ってみました。

今まで使っていた100円の圧縮パックとの違いをお話しします。

100円圧縮パックのメリット・デメリット

おなじみの100円ショップに必ずと言っていいほど売られている圧縮パック。

f:id:tabisin:20191208002727j:image

その仕様には少々違いがありますが、使い方は同じです。

衣類を入れて、しっかりとジッパーをして空気を抜くだけ。

 

100円のメリット

  • とにかく安い
  • 気兼ねなく使える

100円のデメリット

  • 時間がたつと空気が入っている
  • ジッパーが閉じづらい
  • 袋が破損しやすい
  • 透明な袋なので中身がスケスケ!

ジッパーが閉じづらいのは、なかなかイライラしてしまいます。

なので、閉じやすい作りの物を使用しましたが…

 

f:id:tabisin:20191208003058j:image

これが無くなると、ジッパーを閉じることが困難になります。

そして、先日は旅先で袋を開けた瞬間、ジッパーの所から破けました。

100円なので値段的にはショックではないのですが、旅先での破損はショックです!

圧縮バックトラベルポーチのメリット・デメリット

 


圧縮バッグ ZENLO 衣類圧縮バッグ トラベル圧縮バッグ ファスナー圧縮で衣類スペース50%節約 収納バッグ 衣類仕分け 軽量 出張 旅行 便利グッズ 簡単圧縮 1年品质保証

 

 

 

実際に商品が届いたので、開けてみましょう。

f:id:tabisin:20191208010632j:image

開くと中はこのようになっています。


f:id:tabisin:20191208010642j:image

では、衣類を入れてみましょう。

多少お見苦しいかもしれませんが、ご了承下さい。

 

ジャージズボン1枚

Tシャツ1枚

薄手のパーカー1枚

タオル1枚

ハンカチ1枚

靴下1足

下着1日分

こちらを入れてみましょう。


f:id:tabisin:20191208010639j:image

まっ平に並べてみます、いい感じに入りました。

ファスナーを閉めてみます。


f:id:tabisin:20191208010636j:image

そして、真ん中のファスナーを閉めてみます。


f:id:tabisin:20191208010646j:image

なんと!圧縮されました!

作りはしっかりしています。

特にファスナーや他の縫い目は丈夫に作られていて、ほつれる事は無さそうです。


f:id:tabisin:20191208010626j:image

 ちなみに100円圧縮パックはこんな感じに入ります。

f:id:tabisin:20191208010653j:image

厚みはほぼ変わりません。

 

圧縮バックトラベルポーチのメリット

  • 生地が丈夫で破れない
  • 時間がたっても膨らむことが無い
  • 生地が黒いので中が見えない

圧縮バックトラベルポーチのデメリット

  • 少々値段が高い
  • 冬物のアウターを入れれるほど大きくない


NAOERU 便利旅行圧縮バッグ 【最新型】収納バッグ トラベルポーチ 衣類圧縮袋 ファスナー圧縮で衣類スペース50%節約 軽量 可変スペース 便利グッズ 出張 旅行 衣類仕分け(綺麗な衣類&汚れた衣類)超大容量 15L

特に北欧や、日本よりも寒い国へ行かれる方には

大きいサイズもありますが、やはり何個も買いそろえるのはコストがかかります。

 

圧縮バックトラベルポーチ・その他の用途

f:id:tabisin:20191208010629j:image

空港泊のご予定の方には、枕にもなります。(使用感は硬めですが)

 圧縮バックトラベルポーチの使用感

消耗品の100円圧縮パックに比べたら、丈夫さは断トツ!

年に何回も旅行に行ったり、衣類をたくさん持ち運びする方にはおすすめの商品だと思います。

もちろん素材がナイロンなので、とても軽いので参考にしてみてください。

 

では、また。