わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

コールマン(Coleman)のソフトクーラーボックスにアイスを入れた結果

気温34℃ コールマン(Coleman)クーラーボックス エクストリームアイスクーラー5L が期待を上回った!

 

おはようございます。旅しんと申します。

 

梅雨明けしたら猛暑ですね。

 

最近、有名メーカーロゴスから「氷点下クーラー」なんていうクーラーボックスが話題のようです。

氷点下パックとなら、なんと!アイスクリームを約7時間、条件次第では最大12時間保存できます!

 

 

 

凄いですね、真夏のアウトドアにぴったりじゃないですか。

ちょっとお値段もしますが、とても魅力的な品ですね。

 

ちょっと待って!

そもそもソロキャンやひとり行動の私にとって、これは大きすぎるんだよね。

それに、最近お金の使い過ぎだ…。

 

そんな時はコールマンにお願いしよう!

 

ソフトクーラーボックスのメリット・デメリット

メリット

「軽くて持ち運びに便利」

ソフトタイプの魅力は何と言ってもその「軽さ」でしょう。

  • サイズ:使用時/約24×15×19(h)cm、収納時/約28×19×12(h)cm
  • 重量:約430g
  • 容量:5L
  • 収納力:350mlペットボトル×6本

一人用ならこれくらいが良いですね、軽くて便利です。(もちろん15ℓ・25ℓもあります)

 

デメリット

「保冷力に欠ける」

確かにハードタイプに比べたら、劣ってしまうかもしれません。

しかし、コールマン!実際どうなのでしょうか。

 

実験

気温34℃

時刻は午後12時よりスタートです。

 

スーパーでアイスを購入しました。

事前の調べによると、アイスにも溶けやすい・溶けにくいがあるらしく

 

溶けやすいのは氷菓子タイプのもの。

溶けにくいのはアイスを何かで包まれているものだそうです。

 

f:id:tabisin:20200806232420j:image

 

チョコモナカジャンボ

雪見だいふく

ハーゲンダッツ(いつも硬いから。笑)

をチョイス!

 

家から持ってきた保冷剤の中心に入れます。
f:id:tabisin:20200806232454j:image

 

フタを閉めて、スタートです!
f:id:tabisin:20200806232448j:image

 

いいですね!このギラつき!

何でこの素材にしたんでしょうね、目立ちます。

 

ちなみに。

こちらのタイプは手持ちの取っ手が無くて、肩から掛ける紐タイプ。

上の取っ手は、ボックスをちょっとだけ開けて中身が取れる仕様のようです。

 

暑いですね、気温が高くて車の中もなかなか冷えません。

 

あ、そうだ!コールマン!

買い物があるからここで待ってて。
f:id:tabisin:20200806232517j:image

15分間炎天下の車内に放置。

 

ごめんごめん、ちょっと混んでたんだよ。さあ、帰ろう!

 

到着だコールマン、君はそこで待っててね。

私はクーラーの効いた部屋でお昼を食べてくるよ。

 

大丈夫、控えめに今日は気温34℃だから日陰に置いておくよ。
f:id:tabisin:20200806232433j:image

 

アイスを入れて1時間後(午後1時)

 

さあ、食後のデザートだ。

コールマン!雪見だいふくを出しておくれ。
f:id:tabisin:20200806232509j:image

 

開けてみましょう。

 

見た目、普通です。

見た目、溶けている様子なし。

棒がさっと突き刺さる柔らかさです。
f:id:tabisin:20200806232437j:image

 

いただきます。

あ、ちょうど良いですね!冷凍庫から出したての硬さは無くなって、食べごろの柔らかさです。

美味しい~!
f:id:tabisin:20200806232429j:image

 

アイスを入れて2時間後(午後2時)

 

やあ、コールマン!元気にしてるかい?

今日は本当に暑い、お次はハーゲンダッツをいただこうかな。
f:id:tabisin:20200806232501j:image

 

ん…。

ちょっと触った感じ嫌な予感。

 

とりあえず開けてみましょう。
f:id:tabisin:20200806232504j:image

 

周りが溶け始めていますね。

この柔らかさは、ハーゲンダッツが推奨していた柔らかさと言えば

そうですが…。

 

2時間が限界なのですかね。

美味しくいただきました。
f:id:tabisin:20200806232440j:image

 

アイスを入れて3時間後(午後3時)

 

やあ、コールマン!待たせたね。

3時間お疲れ様。

 

あ、そうそう、最後の一つ忘れてたね。
f:id:tabisin:20200806232514j:image

 

なんかドキドキします。

2時間後のハーゲンダッツの柔らかさからして、3時間は無理でしょう。

 

でも、責任もって食べますよ!
f:id:tabisin:20200806232426j:image

 

オープン!

 

あれ?

けっこう?

大丈夫じゃない?
f:id:tabisin:20200806232457j:image

 

パッカーン!

サクッと割れました!

 

え?溶けてない?
f:id:tabisin:20200806232417j:image

 

押してみると、フワッと柔らかくなっていました。

まあ、アリと言えばアリですね!

モナカの中にソフトクリームを入れたような食感です。
f:id:tabisin:20200806232444j:image

何と言ってモナカはサクサク、チョコはパリパリ!

これには驚きました。

森永の製法にも脱帽ですね。

 

いやあ、これは食べれますよ!

アイスとして十分食べれます!

 

使用物品

 

今日使用した保冷剤は、普段「生もの」や「ケーキ」を買ったときに付いてくるものです。

 

ご家庭の冷凍庫にひとつはあるやつです。
f:id:tabisin:20200806232451j:image

実験を開始して3時間、野外に置いていたのですが

保冷剤は全く溶けていませんでした。

 

まとめ

気温34℃の中、野外で3時間放置したわけですが

アイスを美味しく食べる事ができました。

 

これならぼっちでも夏を楽しく過ごせそうです!

 

*これはアイスの種類や環境によって、必ずしも同じ結果になるとは限りませんのでご了承下さい。

 

それでは。