わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

キャンプ初心者でも簡単に焚き火が出来た!

「まずはやってみたい」という人必見!コスパ良し!よく燃える焚き火台

 

おはようございます。旅しんと申します。

 

今年のお盆休みは何日間ですか?

旅しんの仕事は、そんな事関係ない職種なので

普段と変わらず仕事です。

 

キャンプと言えば、芸人の「ヒロシ」さんが有名なのですが、その方が使われていた「ピコグリル」という焚き火台。

 

 

誰もが真似したくなったのではないでしょうか。

そう、私もその一人。笑

 

でも、キャンプ初心者はあれこれ道具を揃えなければなりません。コスト的にもね…。

 

今日は、ピコグリルそっくりさんで

まずは焚き火をやってみましょう!

火を付けるのに必要な物

 

焚き火をする際に必要なのは「薪」

しかし、この薪ですが初心者には火を付けるのも一苦労なんです。

 

また、火が付いて燃えていくには空気の流れを考えた「薪の組み方」の知識もいりますね。

 

なんだか、キャンプのハードルが高くなってしまいましたが

 

受付で薪を購入したら。

 

まずは焚き火台がこちら↓↓

 

 

ピコグリルそっくりさんですね。

 

薪割りのナイフ

 

 

以上です。

 

組み立て

 

部品は主な3種類のみ。

使用後ですいません。

f:id:tabisin:20200808075019j:image

 

土台となる骨組みは開くだけ。

f:id:tabisin:20200808075032j:image

 

皿になる部分は開いて乗せるだけ。
f:id:tabisin:20200808075027j:image

 

薪割り

 

ナイフで薪を何本か細かくします。

 

ナイフを薪で叩きながら割っていくのですが、意外と楽しいです。

f:id:tabisin:20200808075300j:image

 

フェザースティックという工芸品をつくります。

 

いや、火をつけやすくするものらしいです。
f:id:tabisin:20200808075256j:image

 

まあ、ヘタクソなんで真似事で終わりました。

初心者の私は着火剤に火をつけ見守ります。

 

百均にも売ってますが、軟質繊維というものに燃料を染み込ませた物がおすすめ。

 

 

使用感

 

無造作に薪を乗せて、着火します。

 

初めは空気の流れとか考えてみたのですが
f:id:tabisin:20200808075250j:image

 

結局は真横に置いたって、焚き火台の形状のおかげで燃えていきます。
f:id:tabisin:20200808075303j:image

 

網を百均で購入しておけば

美味しいステーキが焼けます。
f:id:tabisin:20200808075246j:image

 

その上に更に薪を置いて、少し風を送ればどんどん燃えます。

f:id:tabisin:20200808075243j:image

 

キャンプ初心者でも簡単に焚き火が楽しめました。

 

ちなみに、小型の焚き火台を楽しむ場合は

売られている薪のままの長さでは使用できないので。
f:id:tabisin:20200808075253j:image

 

斧やノコギリで短くする必要があり、道具が増えてしまいます。

 

まとめ

 

キャンプ初心者でもコスパよく「まずはやってみたい」と思い使ってみましたが、不自由なく達成出来ました。

 

ここを始めとして、ちょっとハマると

いろいろ道具が欲しくなってきましたね。

 

ひとつづつ道具を揃えるのも、楽しみのひとつですね。

 

*キャンプ場は皆さんで使う場所です、キャンプ場のルールに従って、皆さんで気持ちよく安全に過ごしましょう!

 

それでは。