わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

台北でジャージャー麺を食べるならここ!他ブロガーもおすすめ【老牌牛肉拉麺大王】

 

台北に来たら絶対食べたい!老牌牛肉拉麺大王 (ラオパイニュウロウラーメンダーワン)

 

おはようございます。旅しんと申します。

みなさん!ジャージャー麺はお好きですか?

台湾、ジャージャー麺でぐぐると1番にヒットするのが

老牌牛肉拉麺大王 (ラオパイニュウロウラーメンダーワン) というお店です。

かなりローカルなお店なのですが、味は間違い無しなんです!

 

アクセス

 

 

 

場所は台北駅から徒歩数分で行けます。

駅前だけに新光三越などデパートや、高層ビルが並んでいる場所です。

 

事前に他のブロガーさんの情報や動画で調べておいたのですが

歩いてみると、街の雰囲気とお店の印象がが一致しません。

 

とにかくGPSを頼りに歩きます。

 

お店の周辺からローカル感満載!

 

ビル街をしばらく歩くと、あれ?

曲がるはずの道を通り過ぎたようです。

もう一度、地図をよく見て戻ります。

 

f:id:tabisin:20200223003853j:image

 

ビルとビルの間に小さな路地が…ちょっと暗がりに見えます。

「え?ここ?マジ?入るの?」

と一瞬、躊躇してしまう路地です。

「ローカルって言うか…地元民しか入らなくね?!」

旅しん、しばらく迷いましたが…

 

せっかく来たんだし!行くしかありません!

 

その路地というのがこちら↓↓

 

f:id:tabisin:20191015183225j:image

 

一変して雰囲気は変わりますが、安全な場所なので大丈夫です。

赤い看板がひときわ目を引くお店です。

 

どうやって注文するの?

 

お店に近づくと、店頭でご主人が麺を茹でています。

他にも店員さんらしき人もいるので

店内で食べることを「内用」=「ネイヨン」と言って伝えましょう!

 

そして、注文方法は「ジャージャーメン!」と伝えれば大丈夫。

殆ど日本語が通じない様子ですが、こちらのお店に来る日本人は必ずと言っていいほどジャージャー麺を注文するようなので通じます。

 

するとお店のおじさん

「ジャージャーメン、ジャージャーメン、ジャージャーメン」

と言いながら、笑ってくれますよ。

 

お店の雰囲気だけでも台湾を満喫した気分になれる!

 

お店の雰囲気はローカル感あふれる台湾の飲食店!

 

f:id:tabisin:20191015183231j:image

 

麺を茹でている様子を見ながら

YouTubeで見たおじさんもいるし、嬉しくなりました。

 

f:id:tabisin:20191015183213j:image

 

調味料とか高菜とか置いてあります。

台湾の飲食店でよく見かけるセッティングです。

 

f:id:tabisin:20191015183222j:image

来ました!これです!これ!

ジャージャー麺にスープが付いてきます。


f:id:tabisin:20191015183216j:image

よく混ぜて食べるそうです。美味しそうですね!


f:id:tabisin:20191015183220j:image

さっそく、いただきます!

 

お!これは!

麺はうどんの様に太麺ですかモチモチです!

具はニンニクが効いていますがしつこくありません。

お肉とのバランスも良いですね。

 

辛くはないので、辛いのが好きな人は調味料をプラスしてみましょう。

*注意*

台湾の飲食店に置いてある、ラー油や豆板醤のような調味料の殆どは

日本より辛いです!入れるときは加減を見ながら調節をおすすめします!

 

付け合わせのスープですが、これはガツン!と八角スープです

八角が苦手な人は要注意!

 

しかし、旅しんは何故か飲めました。完食です!

はぁ…大満足、お腹いっぱい…ごちそうさまです。

 

支払い時にまさかのトラブル?

 

頭上にトイレットペーパーがありました。

台湾ではよく、このようなトイレットペーパーやティッシュペーパーが置かれています。

口を拭いたり、その辺を拭くなどで使われていました。

 

f:id:tabisin:20191015183228j:image

 

さて、お腹も満たされて気が付きました。

ジャージャー麺の値段、いくらだっけ?

 

何かで見たような気がしますが、まったく思い出せません。

メニューボードを見るも、ジャージャー麺を意味する漢字も思い出せず…

 

口頭注文だったので、伝票もなしです。

 

「多少钱?ドゥオシャオチエン」=「いくらですか?」と伝えると、帰ってきた言葉は中国語で数字を言っています。(当たり前ですね)

中国語の数字も勉強してきたのですが、焦ってしまって思い出せません。

 

ここは諦めて小銭を集め10元玉を7枚と5元玉を2枚、これを手のひらに乗せおじさんに両手の小銭を差し出すことに。

 

おじさん笑って小銭をいくつか取りました。

笑ってるもんだから、多くとってるのかな?なんて思いもありましたが

大した値段じゃないし、リサーチ不足な自分が悪いので仕方ありません。

 

おじさんは65元(230円ほど)取るとニコニコしてました。

なんか複雑な気持ち…

 

しかし、後で調べたのですが

このジャージャー麺65元です!

おじさん、疑ってごめんなさい!

とても良い人でした!

 

味も人も大好きに!

 

いかがですか?老牌牛肉拉麺大王のジャージャー麺は、とても独特ですが台北に来たら何度も食べたくなる一品になりました。

路地のローカル感は若干勇気が必要かもしれませんが、店員さんも良い人ですし日本人にも地元の方にも大変人気なお店です。

みなさんも是非食べてみてください!

 

では、また。