わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

好吃(ハオチー)では通じない

美味しい、ご馳走さま、さようなら、を言ってみよう。

おはようございます。旅しんと申します。

 

前回のブログで滷肉飯がとても美味しいく

その感動を伝えたいと思います。

 

↓↓滷肉飯のお話はこちら

滷肉飯と魯肉飯 - 台湾ひとり旅

 

f:id:tabisin:20191218232756j:image

 

旅しんは、いくつかの中国語の動画を視聴し

旅の参考とさせていただいております。

その中で「好吃」ハオチーについて。

 

中国語でググるとほとんどハオチーと出てきます。

しかし、このチーが日本語の「たちつてと」読みでは通じないとYOSHI中国語チャンネルで言っていました。

好吃 Hào chī の発音はそり舌音と言うらしく、日本語にない発音の仕方ですよね。

気になります。

 

ちょうど滷肉飯のマダムのお友達が来たらしく

旅しんのテーブルで食事を始めました。

(仕事中だけど、お友達来たから一緒にスープでも飲むわ〜て感じ。ホッコリ。)

 

マダムに美味しいと伝えたい!

伝えてみましょう!

 

目があったタイミングを見計らい

まずはスマイル。ニッコリ。

するとマダムもニッコリしてくれたので、話しかけれそうです。

 

とりあえず料理を指差し

「好吃」ハオチー!

するとマダムとお友達はポカーンと…

 

や、やはり通じないようだ…

発音て難しいですね。

相手が若い人だったり、日本人がたくさん来る所なら「美味しい!」と日本語でも通じるし

「ハオチー」でも察してくれます。

 

とにかく感動だけは伝えなくては!

これ!美味しい!

と、いいねボタンの様に親指を立てました。

 

幸いお友達は日本語が出来る方で

後々の話によると、以前東京に住んでたそうだ。

 

滷肉飯マダムはほとんど日本語が分からず

お友達が「この人、美味しいて言ってるわよ」的な通訳をしているようでした。

 

お友達のおかげで、いくつか会話を交わすことが出来ました。

 

f:id:tabisin:20191218234919j:image

 

ローカルな場所で、地元の方とお話をする。

これですよ、旅しんが求めていたのは!

旅の醍醐味ですね。

素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

さて、ご馳走様の言葉ですが

台湾で暮らしている方に伺ったところ

「謝謝」シェシェで良いそうです。

食べたお皿を店舗へ片付けに行った際

「謝謝」と言いえばOK。

食べたらそのまま出て行くタイプのお店も

「謝謝」と言って出れば良いそうです。

 

そして、マダムとお友達にも「さよなら」と言わないといけませんね。

ここでもう一つのハードルです。

台湾ではよく「バイバイ!」と言われます。

お店の人にも、フレンドリーなホテルの人にも言われます。

 

でもバイバイて、日本だと子供に言うイメージじゃありませんか?

大人が大人にバイバイとは言いませんよね。

初めは凄く違和感がありました。

 

でも今日は言えそうな気がします。

お互いに「バイバイ」と言って、和やかに去りました。

本当はコミュ障ですが頑張りました。

 

発音、もう少し勉強しよう…

好吃Hào chī がいつか通じるといいな。

 

では、また。