わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

滷肉飯と魯肉飯

永楽市場は滷肉飯も美味しい!

おはようございます。旅しんと申します。

 

今日もやって参りました永楽市場。

水餃子の穴場として

旅しんが勝手に認定している場所でございます。

 

↓↓ここの水餃子のお話はこちら

台湾で水餃子ならここも。 - 台湾ひとり旅

 

 

さて、今日はいつもの水餃子が茹で上がるのを待っていると、隣の店舗が気になりました。

f:id:tabisin:20191217213622j:image

 

こちらに滷肉飯と書いてあります。

 

f:id:tabisin:20191217214104j:image

これはなんでしょう。

お店のマダムに聞いてみましょう!

 

すいません!

これは?なんて?よむの?

ガッツリ日本語で聞きました。

とにかく指をさせば店員さんが読み上げるかな?と思ったので。

 

するとマダムは

「あ?!ごはん?ごはん!」

滷肉飯=ごはん だそうだ。

違う!そうじゃない!

このご飯、なんで読むの??

 

とりあえず注文して食べてみましょう。

ごはん、ください。

 

f:id:tabisin:20191217214748j:image

隣の水餃子と一緒にいただきましょう。

 

これが滷肉飯のようですね。

なんて読むのかGoogle翻訳に聞いてみましょう。

 

おっけーぐーぐる。ごはんの名前教えて。

 

滷肉飯=Lǔ ròu fàn ルーローハン

あれ?ルーローハンて魯肉飯と書くんじゃないの?

 

ルーローハンなのか?

食べてみましょう。

 

f:id:tabisin:20191217214744j:image

これは、具の中に高菜が入ってますね。

 

飲食店ではテーブルに高菜が置いてあって

ご飯などにお好みで乗せて食べるようですが。

 

こちらでは、最初から入ってるパターンなのでしょうか。


f:id:tabisin:20191217214740j:image

 

パクリ。

やだ!美味いやん!

マダムのごはん、八角の香りも無く全くクセがありません。

 

ちょっと汁が垂れて、茶碗がぎっとりしてるだけ。

ぎっとりしてるのに、高菜が絶妙なバランスで

脂っこさを消してくれます。

マダムの配分でしょうか?

恐るべしマダムバランスですね。

マダムごはんめちゃくちゃ美味しい!

 

調べによりますと

本来の表記は「滷肉飯」であり、「甘醤油で煮込んだ豚肉のかけご飯」を指す。

日本での「魯肉飯」という表記は中華街に伝わった際に常用漢字と合わせ、台湾中国語で同一の発音である「魯」が使用されたためである。

しかしこの誤用が本場の台湾に逆輸入され、特に人気夜市では日本人観光客を招くため、わざと「魯肉飯」と表記する場合も多い。(Wikipedia調べ)

 

皆さん知ってました?

旅しん知りませんでした。

新しく勉強になりました!

 

こちらのマダムごはんは30元(108円ほど)

水餃子とセットにしても324円ほどで食べれます。

イートインスペースの前の神様的な場所を眺めながら

 

f:id:tabisin:20191217221148j:image

 

とても美味しかったので、喜びを伝えたいですね。

 

次回、美味しいを伝えよう。

 

では、また。