わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

台湾で水餃子ならここも。

こんなところに水餃子

おはようございます。旅しんと申します。

 

先ほど三五水餃子を堪能しました。

あの水餃子なら何回でも食べたいな…

なんて想いにふけりながらお散歩中

 

お次は永楽市場へやって参りました。

こちらは迪化街にあります。

市場内は2階に裁縫関係の布がたくさんあったり

1階も布関係から、食品、飲食店などなど…

 

食に関して永楽市場といえば

林合發油飯店のおこわと言われていますが…

やっぱり並んでますね。

店の外まで列があります。

ほとんど持ち帰りの列なので、手早く進むらしいのですが

おこわの気分じゃないしな

美味しいらしいけど、また今度。

 

ちょっと市場内をフラフラしてみましょう。

 

f:id:tabisin:20191101112205j:image

レトロな街並みなんですよ。

1階の市場内の飲食店には小さなイートインスペースもあります。

 

 

地元のお子様がお母様と水餃子を食べてました。

それは水餃子ではないか!?

しばしじっと見つめ…

美味しそうだな、さっき10個食べたけど

まだお腹に余裕があります。
f:id:tabisin:20191101112207j:image

こちらも10個で60元(220元弱)ですね

さっそく注文してみましょう。
f:id:tabisin:20191101112149j:image

ここで食べれますか?

とのジェスチャーをします。

(どんなジェスチャーやねん。笑)


f:id:tabisin:20191101112155j:image

調味料スペースもとても清潔そうですね。

こちらは店員さんが小皿にタレを入れてくれます。

刻んだニンニクと、辛い調味料を入れるか聞かれます。

辛い気分じゃなかったので、ニンニクだけ希望。

 

お互い中国語も英語も話さなくても会話は成立します。

コミュニケーションとは、実際そんなに難しいものではないのかもしれませんね。


f:id:tabisin:20191101112201j:image

きたきたーっ!

こちらもプリプリの水餃子ですね。
f:id:tabisin:20191101112152j:image

さっそくタレにつけます。


f:id:tabisin:20191101112158j:image

うはっ、これも美味しい!

こちらも全くクセのない味です。

日本人の方も好んで食べれます。

皮はそれほど厚くないので、10個ペロリと食べれてしまうやつですね。

 

刻んだニンニクが良いですね、たっぷりつけて食べてみましょう。

どちらかと言うと粗刻みなニンニクなのでガリガリした食感がプラス、ニンニク好きにはたまりませんね。

*注意

調子に乗ってニンニクがんがん食べますと、後ほどそれなりのことになります。

旅しんは使い捨ての歯ブラシを携帯しているので、歯磨きします。サッパリですね。

 

こんな風に、ふらっと思いつきで食べたり出来るのが、ひとり旅の良いところですね。

偶然立ち寄ったお店が当たり!なんて嬉しくなります。

 

では、また。