わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

台湾 生元薬行で漢方を処方してもらう

台湾で観光客でも自分に合った漢方薬を処方してもらえます。

おはようございます。旅しんと申します。

 

皆さん、台湾で自分に合った漢方薬を処方してくれる所をご存知ですか?

今日は「生元薬行」へ行って参りました。

場所はこちら↓↓迪化街の近くにあります。

 

 

事前に調べたのですが

どうやら全く中国語が出来なくても診察をしてもらえるとの事。

 

実は、東洋医学についてはそれほど信じていない派なのですが…

 

何か体調不良があるのか?

いや、その…

痩せるには漢方なんてどうだろう?

という、安易な思いつきです。

 

まあ、とにかく行ってみましょう!

 

うん。

ぱっと見、やはり敷居が高そうな感じですね。

どんな薬局か知らないと絶対入れなそうですが

こちら、ガイドブックに載っています。

コスメなども有名で、美容パックなども販売しています。

 

f:id:tabisin:20191229001344j:image

入ってみると、綺麗な女性が対応してくれました。

 

f:id:tabisin:20191229003722j:image

 

日本人だと伝えると、日本語で対応してくれます。

「診察をしてもらいたい」

と伝えると診療所に問い合わせをしてくれます。

*予約無しでもOK

診療所の混み具合により、旅しんの場所は

「前の人がいるので10分くらい待ちます、良いですか?」

と聞かれました。

ノープロブレム、全く問題無しです。

 

了承すると、診療所へ案内されます。

この薬局を出て、隣の路地を店員さんと2分程歩きます。

ドキドキしますね。

 

診察には日本語通訳の人が付きます。

診察料は300元(1080円ほど)

受付も日本語です。

受付手続き、問診票みたいなものを書かされますが、オール日本語でOK

 

診療所はとても新しくて綺麗です。

番号札を持たされ、しばし待ちます。

待合室にはテレビも付いていて、日本のクリニックと変わりません。

 

f:id:tabisin:20191229001341j:image

診察のドアは開いたままで診察されていたので

前の人の診察の様子が聞こえてしまってましたが

 

旅しんの後はいないみたいなので

良しとしましょう。

 

そして、呼ばれた…

 

通訳の人はとても綺麗で細身のお姉さんでした。

先生と通訳さんが机を挟んで向かい合って座ってます。

その真ん中に旅しんは座らされます。

 

どうしましたか?

旅しん、意を決して悩みを報告します。

  • 最近、体重が増えてる
  • 仕事は不規則
  • 運動する暇はない
  • 手足が浮腫む
  • 肩こりも酷い
  • まあ、とにかく痩せたいのよ

最初と最後が本音であり、真ん中はわりとどうでも良い。

これを、お姉さんが先生に通訳してくれます。

 

しかし、知ってますか?

この世に痩せる薬などない!

 

知ってますよ、知ってますとも!

要は食べ過ぎを辞め、適度な運動、規則正しい生活なんですよね。

 

しかし、先生は嫌な顔せず診察してくれます。

ちょうど60代くらいの男性でした。

声が低く、ザ・医者 という見た目。

 

まずは脈診です。

診(みゃくしん)は、患者の脈に触れて拍動の強さや早さ、硬さや太さ、浮き沈みなどを把握することで、疾病の状態を診察する方法。中国医学では、気血の状態が脈に現われ、脈診で臓腑の様子が分かると考えたため、古くから行われ、診断において重視された。Wikipedia調べ)

 

先生「うーん…」

 

なんでしょう。

何分も脈をとられるなんて、日本では経験がないのでソワソワします。

 

その時の心の声がこちら↓↓

なにか?何かわかるのか?

先生、目を閉じると寝てるように見えるから辞めて

起きてます?

ねーーー!!

なにーーーー??

 

先生からも症状を聞かれ、通訳されます。

そんなやり取りが続き

 

お次は舌診です。

舌診とは、舌の色、形、潤い、または舌苔の色と厚さなどをみることで診断する方法。日本では主に、漢方医学など中国医学系伝統医学における舌診を指す。

 

舌を出し

 

先生「うーん…」

 

分かるよ、分かりますよ

困ってますよね

痩せたいという悩みなんて、生活習慣を直さない限り解決しない事くらい、分かりますよ。

 

そんな奴にどんな漢方を出せば良いのか

 

旅しんは日本からドクターを苦しめに来たようです。

 

そして考え抜いた末、処方箋を書いてくれました。

 

f:id:tabisin:20191229010831p:image

 

これを飲んで

食べ過ぎに注意して、ちょっと運動してくださいね。

 

つづく。

 

では、また。