わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

多肉植物の水遣りは十人十色だった

ブログを購読いただき、ありがとうございます。

わかばと申します。

このブログは動画投稿であげた多肉植物たちと

私のその後の生活を記録しております。

多肉植物に魅了された方

まだ多肉植物をご存知ない方

ぜひ、おひとつお迎えしてはいかがでしょうか。

 

水遣りの回数は月に2~3回

 

よく見かける「多肉植物の育て方」に載ってますね。

 

初心者はこれを忠実に守りたくなります。

 

やっぱり大切に育てている多肉植物ですから

 

枯らせたくありません。

 

私は多肉植物は初心者なのですが、家庭菜園とガーデニングにおいての経験は長いです。(とはいえ素人ですが)

 

野菜の苗で例をあげますと

植え付け後は、たっぷり水やりをしたくなりますが、
実は植え付け後の水やりはしなくてもよいのです。

根は水を求めて伸びるので、根鉢から新しく植えられた土に
早く根を伸ばさせるため、水やりはしません。

とあるので、初めは忠実に守るのがセオリー

 

しかし1週間後、カリカリになって枯れました。(T_T)

 

このように、水遣りの回数に目をやってしまうと

 

意外と失敗してしまいます。

 

何故ならば、環境が違うから。

 

多肉植物も同様なのです。

  • 気候の違い
  • 土の性質の違い
  • 植木鉢の素材の違い
  • 風通しの違い
  • 日照時間の違い

育て方はあくまでも基本です。

 

同じようにすると失敗することがあります。

 

こちらの多肉をご覧ください。

 

植え付けた土の性質でカリカリになってしまったセダムさんです。

f:id:tabisin:20211009001520j:image

 

土が水を吸わなかったので、カリカリになってしまいました。

 

しかし、多肉植物は草花や野菜とは違います。

 

土に挿して水遣りをします。


f:id:tabisin:20211009001522j:image

 

ちょっと寂しいので、助っ人と寄せ植え。


f:id:tabisin:20211009001517j:image

 

1日おきに水をやり、3日後…。

 

見事に復活です!

f:id:tabisin:20211009002205j:image

 

この復活の様子も動画にあります。


www.youtube.com

 

このように、多肉植物も育っている環境によって違うのですね。

 

なので私は

 

水遣りを、回数ではなく

 

葉っぱの状態を、触って観察することにしています。

 

柔らかいのか?

 

パンパンなのか?

 

触った感触に応じて水遣りすることをお勧めします。