わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

レモン水の効果が凄かった!

おはようございます。旅しんと申します。

 

今日はレモン水のお話です。

朝起きて、1杯のレモン水から始まった1日の変化をお伝えします。

https://3.bp.blogspot.com/-8J4WqRnhXek/W1qdbBYGwHI/AAAAAAABNqQ/qaW31SdsV4AMXNKfGbdz32_JS9ti5_MAACLcBGAs/s800/drink_suibun_hokyuu_woman.png

レモン水とは

 

https://1.bp.blogspot.com/-GMjfCTd_1fE/WMJK2xzh_fI/AAAAAAABCa8/MdrrufC07YAb3ODhuPsYKgsIyJ7KXRmpgCLcB/s800/drink_lemon_sui.png

材料
  • レモン1個
  • 水1リットル
  • 容器

 

作り方
  1. レモンをスライスします。お好みで良いのですが、後々レモンも食べる方は薄切りを推奨します。
  2. 水とスライスしたレモンを容器に入れる。
  3. 1晩置いたら完成。!

 

簡単ですね。

ここで、スーパーなどで今売っているレモンの殆どが輸入品。

果物には防カビ剤が付着しているそうです。

気になる方は、国産レモンor自作のレモンを使用してください。

 

とは言え、なかなか国産レモンも手に入らないので

レモンの洗い方を調べると。

・流水でこすり洗い
・洗剤洗い
・塩もみ
・ゆでる

『ゆでる』方法が一番除去率が高いと記載されています。

 

私は一通りやってみました。(笑)

 

レモン水の効果

  1. 香りによるリラックス作用
  2. 風邪を予防
  3. ビタミンCによる美肌効果
  4. クエン酸によるキレート作用で骨を丈夫に
  5. ダイエット効果
  6. 口臭予防効果

などがあります。

 

その中でも、レモンに含まれるカリウムには、細胞内液の浸透圧を一定に保ったり、ナトリウムを排出したりする作用があり、塩分の摂りすぎを調節して、むくみ対策に役立ちます。

 

 以前書いた記事ですが、私はほんとに代謝が悪く。

 

tabisin.hatenablog.com

 

1日仕事をして帰って来ても、前の晩の食事やその日の食べ物によっては

1㎏ほど増量している事もしばしばです。

 

寝起きのレモン水からスタート

 

まず、起きたらレモン水で喉を潤します。

あとは、食事の時や喉が渇いた時にレモン水を飲むだけ。

 

ただの水より酸味と香りで飽きずに飲めます。

 

午前中より、トイレの回数もいくらか多く。

昨日1㎏増量した「余分な水分」が排泄されてスッキリしました!

 

飲み終わったレモンの利用方法

https://2.bp.blogspot.com/-o8C8K_2ODhw/Uxa-46ul2sI/AAAAAAAAd0o/5oLWfhna2zg/s800/character_lemon.png

 

さて、レモン水を飲んだ後ですが、そのまま捨てるのは忍びないです。

しかし、そのまま食べるのもかなり酸っぱい!

 

レモン水が終わったレモンははちみつに漬けて「レモンのはちみつ漬けに」にします。

 

もちろん、そのまま食べても美味しいのですが。

はちみつに漬けたレモンスライスを1切れコップに入れて、水を注いでも美味しく飲めます。

1つで2度美味しいです。

 

まとめ

 

私の場合、浮腫みが酷い時はお茶や水より効果的でした。

レモンの酸味で空腹も少し紛れるので、ダイエット効果も期待できそうです。

 

それでは。