わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

アウトドアにハットを選択した結果

似合わないと思っていても、被って正解!ハットを被ったら快適だった!

 

おはようございます。旅しんと申します。

 

世界一帽子が似合わない事で有名な私ですが、アウトドアでは帽子が必需品です。

 

帽子のタイプにはキャップとハットがあります。

f:id:tabisin:20200815060155j:image

前にツバがあるのがキャップ。

 

f:id:tabisin:20200815060215j:image

全体的にツバがあるのがハット。

と言うそうです。

 

そもそも帽子は

  • 締め付け感
  • 頭が痒くなる
  • 帽子に千円以上出すのもな

 

と言う理由から毛嫌っていましたが、今回初めてハットを被ったら

結果、快適!

 

今日はハットのお話しです。

 

ハットの特徴

 

この夏も日差しが強くて暑いですが、実は紫外線は秋や春もかなり強いらしいです。

 

キャップの場合、前方にツバがありますが両サイドは丸出しなので

 

横からの日差しをもろに浴びます。

 

ハットの場合は周りがツバなので、両サイドや後ろの日差しもカバーしてくれます。

 

今回、mont-bellのクラッシャーハットを試してみました。

 

全体的に柔らかく、とても軽いです。

UVカットもしっかりしています。

 

小さく折りたたむ事も出来るので、不要の際は収納に困りません。

 

ハットを避けていた理由

 

帽子の形には好みがあると思いますが、私は頭の形が良くないのか?

元々の土台が良くないのか?

 

帽子がとても似合わない。

 

何でも似合う人は羨ましい…。

なんて思ってましたが、意外と他人は気にも止めてなかったりします。

 

そう、そんな理由で避けていました。

 

ハットを選択した理由

 

ある時、庭仕事で農家のおばあちゃんの帽子

(顔まですっぽり隠れるやつ)を被ったところ。

 

なんて、涼しいんだ!

 

実は、肌を露出するより、帽子や長袖で直射日光をカバーした方が快適なのです。

 

ならば、アウトドアでもハットにしてみたらどうかな?

 

使用感

 

気温35℃になる日、早朝から山へ。

 

f:id:tabisin:20200815081330j:image

ハットの被り心地ですが、軽いので被っている事を忘れそう。

 

汗を吸い取ってくれるが、乾きも早い。

やっぱり顔周りの日差しをカットできるので、涼しい!

 

今日は曇り予報でしたが、現地は太陽が出ています。

 

買っといて正解でした。

 

似合わないと思ってましたが、時間が経つにつれて見慣れてきました。笑

 

帽子にはストラップか。

 

紐を付ける事が出来ます。

 

いろいろカラーも選べるので

f:id:tabisin:20200815123449j:image

オリジナルの組み合わせが楽しめますね。

 

まとめ

 

山登りだけでなく、アウトドア全般に使える帽子。

日差しが強い時はハットが正解でした。

 

サイズもSからXLと幅があるので、ピッタリの被り心地を見つける事が出来ました。

 

次回はキャンプでも使用してみよう!

 

それでは。