わかばブログ

ブログをリューアルしました。癒される庭を目指して、のんびりDIYやガーデニングに励んでおります。是非お立ち寄りください。

台湾のフルーツその後

安心してください!正常です。

おはようございます。旅しんと申します。

 

台湾といえば、美味しいフルーツですよね。

マンゴーなんか有名ですね。

しかし、これらにも旬があります。

だそうです。

マンゴーかき氷など有名ですが、旬が過ぎれば

「マンゴーは冷凍を使用してます」とか

書いてある店舗もあります。

 

さて、今日はその中でも

「ドラゴンフルーツ赤」についての紹介です。

 

こんなカットフルーツを見た事ありますか?↓↓

f:id:tabisin:20191212235502j:image

 

ドラゴンフルーツとは実はサボテンの仲間です。

原産地は、メキシコや中南米ベトナム、マレーシアなど。

日本では、沖縄や鹿児島などの熱帯地域で育つため、市場に出回ることはそれほど多くはない。

別名「ピタヤ」という名前でばれることもあるが、現在では「ドラゴンフルーツ」という名称が広く知られています。

 

抗酸化作用が強い「レッドピタヤ」

赤い果皮と赤紫色の果肉が特徴の、レッドピタヤ。

見た目は全く違うが、食感や味わいはホワイトピタヤと大きな違いはない。

赤い果肉は、抗酸化作用を持つポリフェノール(ベタシアニン)が豊富な証拠。

 

なんだか体に良さそうですね。

その他にも

などなど、これは食べない訳にはいきません。

 

旅しんもドラゴンフルーツは大好きです。

しかし、台湾在住のブロガーさん達から

「ドラゴンフルーツ食べ過ぎると血尿みたくなるけど、びっくりしないでね」

と聞いておりました。

 

え?まさかね。

そんな事ないでしょー。

 

さて、検証です!

(いや、ただ食べたいだけです)

 

こちら、桃園国際空港第一ターミナル

フードコート内のフルーツ屋さんです↓↓

 

f:id:tabisin:20191212235100j:image

 

お値段は70元(252円ほど)

ドラゴンフルーツ1〜2個分は入ってるでしょうか。

とても美味しそうですね。

空港内のフードコートなので、おそらく街中より高いと思いますが

それでも安いですよね。

いただきます!

 

f:id:tabisin:20191212234044j:image

甘い!あっさりした甘みです。

黒いタネの歯触りはキウイフルーツに似ています。

柔らかくてよく熟れてます。

こんなフルーツも食べれるなんて、台湾は最高ですね。

時折、自分の舌が真っ赤だなーなど

鏡を見てニヤつきました。

 

そして帰国し、トイレへ。

食後5時間…小「なんともないやん」「食べ過ぎのレベルって5〜6個とかじゃないの?」

 

食後8時間…小「はぁぁーーーっ!これは!」「赤になってるー!」

 

翌朝…大「これはーー!」「ヤツまで赤くなってる!」

 

赤と言っても血のような真っ赤ではありません。

その後、小の赤とは別れを告げ

お腹に残った最後のヤツと対面し終了しました。

 

さて、調べによると

これは正常に消化されている証拠であるため

下血だ!血尿だ!とは違います。

 

知らなかったらびっくりしますよね!

旅の疲れとか、何か病気にかかったとか心配になります。

知ってて良かった

ブロガーさん達ありがとう!

 

皆さんも、安心してドラゴンフルーツを食べてください。

 

では、また。